【宿泊記】ホテル椿山荘東京

ホテル宿泊記録

2年ぶり、2回目の椿山荘宿泊です。
2年前はちょうど、「東京雲海」スタート直後に訪れました。
今回は母と再訪する運びとなりました。

今回の宿泊プラン

じゃらんで予約しました。
部屋からも雲海が見たいのでガーデンビューのお部屋にしました。

2名1室スーペリアツイン(ガーデンビュー)朝食付き…51,000円(一人あたり25,500円)

他に現地で宿泊税を一人あたり200円支払いました。

外観

なんとも素晴らしい。
こちらの見えている側がガーデンビューのお部屋ですね。

館内

クリスマスシーズンだったので装飾もクリスマス仕様です。

遊園地の飾りは2年前にもありました。メルヘン。

ちなみに外に飾られていたクリスマスリースは2年前と違う装飾でしたので毎年違うものなんでしょうね。

2022年(今年)のリース
2020年のリース

お部屋

落ち着いた照明の廊下を歩いていきます。

お部屋に入るとロマンチックな世界。
広さは45㎡なので広々です。
これでこのホテルの中で一番コンパクトなお部屋なのですからびっくり。

スペースも広々

カーテンをオープンしますとガーデンが広がっています。
ここから夕方・夜・朝の違った表情の雲海が楽しめます。

絶景

お風呂

お風呂は浴槽と洗い場(シャワーブース)に分かれたタイプ。

シャンプーはロクシタンです。嬉しいです。

洗面&アメニティ

重厚な洗面台です。
右のタブレットみたいなものでテレビが見れます。
たぶんお風呂に入りながら見るのかな。(画像の左側が浴槽)

固形石鹸とボディミルクもロクシタン。
やっぱりこの固形石鹸開けるのもったいない…。(開けたら持って帰れない)

歯ブラシ、ヘアブラシ、コットンセット、シャワーキャップ(たぶん)、生の椿油。

生の椿油というのが中身が石鹸とオイルになっていまして、石鹸は洗顔に(クレンジングもできるらしい)、オイルは全身に使えるというものでした。
非加熱製法なので「生」。
ショップで販売しているそうです。


ティッシュ箱にも椿。

椿へのこだわりさすがです



ドライヤーはパナソニック。

冷蔵庫

冷蔵庫は空です。

お水は一人1本ありました。
(後述しますがなんとおかわりを頂きました。)

余談ですが夜中に無性にコーラが飲みたくなって、館内の自販機はどこかな?と調べてみたら、椿山荘には自動販売機の設置がないとのこと。
立地もわりと不便なところなので近所にコンビニもなし。(自販機はあるかもだけど)
必要なものは事前に買ってきたほうがよいです。

お茶

コーヒー、紅茶、緑茶がありました。

ネスプレッソ。
朝、コーヒーを飲もうとした母に「マシンが動かない」と言って起こされました。
どうやらお掃除モードになっていたようで、解除の方法を調べて事なきを得ました。
毎回お掃除してくれてるってことがわかってよかったですが、お年寄りでは解決できないのでご注意。

今回は飲めました

食器類が豊富にあったのが印象的。

お茶
カップ、グラス類
アイスペール、ケトル

個人的にさすが椿山荘!って思ったのがこちら。

お箸とお皿!
カトラリーがないのが地味に困ること。非常にありがたいです。椿山荘さん気が利いています。



そして謎のスカスカの引き出し(笑)
以前は何か入っていたのか、はたまたプランによっては何か入るのか?

逆に栓抜きだけなぜここに

部屋着

部屋着は引き出しの中に。
色は違うけれどサイズに違いはなかったと思います。

上下セパレートタイプです。

テレビ

画像を間違えたのではなく、こちらがテレビです。

非日常空間への配慮なのでしょうか。


YouTubeは見られるみたいですが、ネトフリ、アマプラは視聴できないようです。

その他

デスク周り。

残念ながら充電器はありませんでした。

お休みのご準備?

チェックイン時に「夕方に一度お部屋に入らせていただきます」との説明があったのですが、果たして何しにいらっしゃるのかわかりませんでした。

夕食に出かけている間に来ていただいたようで、帰ってきたらこうなっていました。

その1

ベッドライナーが外してあり、ちょこっと入りやすくなってる。

その2

用途はわからないが、なにか敷いてある。

その3

ベッドサイドに折り鶴とチョコレート。

その4

明日の天気予報。

その5

写真撮り忘れてるんですが、アイスペールに氷が入って置いてありました。

そして先ほどお水のところで触れましたが、お水を使った分が補充されていたのです。
これはちょっと予想外でした。

正直、なくても誰も文句言わないものばかりなんですよ。
でもそこをあえてもてなしてくださるホスピタリティ。
私などにはもったいないほどです。

東京雲海

雲海は15~30分間隔で出現します。(タイムテーブルがありますので見逃す心配はありません)

部屋から見た雲海。
ホテルについてすぐ、夕方の雲海です。

このね、日本庭園と都会のビル群のコントラストが見どころですよね。


続いて夕飯を食べて戻ってきた後の夜の雲海。
泣く子も黙る大雲海。


そして翌朝の雲海。
この時が一番雲がかかってたかな?

ちなみにこちらは雲海の中。

遭難するかと思った

季節限定で『森のオーロラ』という時間があります。
ちょっとだけ他の時間とライトアップが違います。

パリピ感もありますが

夕飯なしのプランなので

本当はホテルのディナーを食べたかったのですが、12月の空きのあるレストランが全くなかったので神楽坂まで繰り出しました。

平日でしたが年の瀬なので一応こちら↓のお店予約をしました。

Margherita Pagliaccio マルゲリータ パリアッチョ 神楽坂店 - 神楽坂/イタリア料理
一軒家レストランで自慢の窯焼きピッツァをどうぞ。神楽坂上交差点からすぐのトラットリア「マルゲリータパリアッチョ 神楽坂店」は、窯焼きピッツァが自慢の一軒家レストラン。オープンキッチンの薪窯で焼きあげるナポリピッツァは焼き立てをお召し上がりいただけます。気取らない雰囲気でゆったりと本格イタリアンをお楽しみください。Mar...

我々は食の好みが合わないので席のみ予約しましたが、飲み放題付きのプランがお得です。

時間が早かったので混んでなかった

朝食

基本的には、洋朝食または和朝食から選ぶのですが、この日は朝食ビュッフェも選ぶことができました。

いつもやっているわけではなさそうなので、案内があったらラッキーかもしれません。

しかし我々は洋朝食でゆっくりといただくことにしました。

3種類のメニューから選びます。

公式サイトより

前回オルタナティブブレックファーストを選んだのですが、ちょっと意識高すぎたなと思ったので今回はアメリカンブレックファーストを選びました。

オレンジジュース。これがまたおいしい。おかわりしてしまいました。

卵料理はオムレツにしがち。

モーニングベーカリーというのは甘いパンの盛り合わせです。

食べ切れなかった…もったいない

今回の旅

ホテルの立地はちょっと微妙なのでかなり歩きました。
高齢の母との旅だったので帰りは駅までタクシーを利用しました。
立地が微妙な分、訪れる人も椿山荘の魅力を知っている人たちなのだろうなと思います。

朝は庭園を散歩しましたし、夜も雲海を何度も見ました。
母も椿山荘を満喫してくれたようです。

2回連続でクリスマスシーズンに来たので次回は他の季節(桜とかいいな)にも訪れてみたいホテルでした。また行けることを願っています。